伝統的な和食は最高のダイエット食品!

 

先日、ムスビの会を主催されている

岡部賢二さんのお話を聞く機会がありました。

現在九州を中心に日本各地で講演や

マクロビオティックセミナーを開催。

今回の「典座」でのセミナーが決まった時点で

年内に空いている日は3日しかなかったと。

そんな引っ張りだこのお話は

(@ ̄□ ̄@;)!!な、○やじギャグを織り交ぜた(笑)

とても楽しいものでした。

留学先のアメリカで肥満の多さに驚き、

「アメリカ社会とダイエット食品」をテーマに

論文を書かれた学生時代。

その時出た結論が

日本の伝統食が最高のダイエット食

ということ。

 

まずは自分の食べるものに手をかける大切さや

考える臓器・腸はどうやれば整うのか。

なぜ食が人の運命を左右するのか。

和食がいかに活脳食か。

ムスビの会のホームページではなんと!

そんな内容の濃い講座がYouTubeでタダで見れちゃう。

https://www.busubinewmacro.com

そう教えていただきましたが、

まさか本当にここまで見れちゃうとは。

 

後半はパーソナルシェフの方々の

お料理をみんなで食べました。

いつもハレルヤの食事は

しみじみ美味しいです。

このような学びの場を作って下さった

松本敏弘さんをはじめとするハレルヤの

皆さんに感謝です。

 

 

 

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です