包丁が切れると料理はラクチン♪

 

和食に限らず料理を楽にする道具

料理を簡単にする道具はいろいろあります。
和食ですとすり鉢もよく使います。
フライパンや鍋を選ぶ時のポイントもあります。
ですが、何よりも料理を簡単にするのは
「よく切れる包丁」ではないでしょうか?
包丁にもいろいろな種類があります。
ほの香(飲食店はどこも)では、
出刃包丁・刺身包丁・菜切り包丁
・鱧切り・ふぐ引き などなど
色々な包丁を使い分けます。
ですが、本数が多いと言う事は
メンテナンスするものも多いという事。
家庭では使い勝手のいい1~2本を
きちんとメンテナンスして
日々使うのがおススメです。

オウチでおススメの包丁は?

そんな家庭での1本に人気なのが
三徳包丁(さんとくぼうちょう)。
刃は薄く、野菜・肉・魚を一本で処理できることから
「三徳」といいます。
文化包丁(ぶんかぼうちょう)ともよばれます。
または洋包丁の牛刀。
これらの包丁が家庭での調理に向いています。
大事なのはその1本をどうメンテナンスするか。
いつも最高に使いやすい状態にしておくには
どうすればいいのか。
店ではもちろん、殆ど毎日研ぎます。
素材にもよりますが、鉄ですと少しの水分で
すぐに錆びます。
家庭用ではやはり、ステンレス加工したものが
おススメです。
錆びずにメンテナンスしやすいのです。
家庭でも1月に1~2回ほど、
砥石で研ぐことが本当はおすすめです。
一度しっかり研いでおくと、
 
2回目以降は簡単で大丈夫。
慣れてしまえば苦にならないこの作業。
慣れるまではどうしても面倒ですよね。

包丁研ぐのが面倒!簡単に研げない?

そこで、使えるシャープナーがないか
色々使ってみました。
その中で一番使いやすかったものを
ご紹介致します。
新潟県三条市にある片岡製作所さんの
 
 【片岡製作所 包丁研ぎ器 ウォーターシャープナー3 日本製 Brieto 】
荒研ぎ・中研ぎ・仕上研ぎが1台で出来ます。
中の砥石が摩耗したら
交換できるのも嬉しいところ。
手軽にメンテナンスしたい方にとてもお勧めです。
切れる包丁!ストレスゼロで
日々の台所仕事を楽にしたいですね♡

まとめ

日々の料理に欠かせない道具、

包丁。

切れ味が悪いと切り口が潰れ、

調味料のしみ込みが悪くなったり

均一な味付けが出来なくなってしまいます。

それどころか旨味が出てしまうことも。

美味しいオウチごはんの為には

ぜひ整えておきたい道具です。

とはいえしっかり研ぐのはなかなか億劫。

そんな時には簡単に研げるシャープナーを

使うのも良いかもしれません。

いま、包丁の切れ味にストレスを感じている方は

ぜひお試しください\(^o^)/

 

  関連記事 - Related Posts -

関連記事はありませんでした

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です